指の力が弱くてもプルタブを開けられる「プルタブオープナー」

2015年08月18日

缶ジュースや缶ビール、ツナ缶などのプルタブを起こすのってただでさえ「クッ!」と力が必要で、指の力が弱い人にとっては目の前の缶ビールが頑丈な金庫のように感じます。 私も自販機で買った缶ジュースを自分で開けることができず、かなりイライラさせられた経験があります。 今回はそんな悩みを解決してくれる「プルタブオープナー」の紹介です。

プルタブオープナーとは

缶の口を開けるプルタブ(プルトップ)を開けやすくする道具です。
いろんなタイプのものがありますが、プルタブに引っ掛けたり差し込んだりして、弱い力でも比較的楽に開けることが可能になります。
プルタブオープナーを用いることで、指や爪を傷めることも少なくなります。
決して特別なものではなく、ネイルしている人で使っている人もいるようです。

プルタブオープナーの機能と値段

この写真は私の持っているプルタブオープナーで、父からお土産でもらいました。
ひっくり返すと日本酒の銘柄が刻印されています(笑)

「プルタブオープナー」と検索すれば、Amazonや楽天などでも多くの商品が出てくるほか、100均にも置いてることもあるようです。
物によってはプルタブを開けるだけでなく、ペットボトルのキャップやドレッシングなどの中栓、ビンの蓋などを開けやすくする機能が一体となったものもあります。
また携帯用に優れたものや、アクセサリー感覚・ストラップ感覚でカバンなどに付けられるデザインのものもあり、生活スタイルに合わせて使うことができます。
色んな形のものがあるので、持ちやすさや力の入れやすさも考えながら選ぶと良いかもしれません。
値段は数百円〜千円台のものがほとんど。 気軽に試してみても良いと思える値段ですね。

プルタブオープナーを使ってみます

機能も見た目も至ってシンプル。
プルタブをオープナーの隙間に入れ込み… テコの原理で…よいしょ!

軽く引き上げるだけで簡単に開けることができました。
今まではプルタブオープナーという存在自体知らず、缶を開けるのに苦労していましたが、オープナーを手に入れてからはプルタブ開けでストレスを溜めることはなくなりました。

今までの苦労はなんだったんだ。。

指の力が弱い人や高齢者、爪の長いギャルにもオススメです。


※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。

内容について運営スタッフに連絡

いいね と思ったらシェアをお願いします