サービス利用規約

Be Happy ! 利用規約(以下「本規約」といいます。)には、インターネット上(PC向け、モバイル・スマートフォン向けを含むものとします。)の情報提供サービス総合サイト「Be Happy !(ビーハッピー)」(以下あわせて「本ウェブサイト」といいます。)、及び、これらに付随するメール配信その他の各種情報提供サービス(本ウェブサイトを含み、以下「本サービス」といいます。)の提供条件及びBe Happy !(以下「当団体」といいます。)と、Be Happy ! ライター及びHappyパートナー(以下「利用者」といいます。)の皆様との間の権利義務関係が定められています。
本サービスの利用者は、予め本規約に同意の上、本サービスを利用していただくようお願いいたします。なお、利用者が本サービスをご利用頂いた場合には、本規約に同意いただいたものとさせていただきます。

第1条(適用)

  1. 本規約は本サービスの提供条件及び本サービスの利用に関する当団体と利用者との間の権利義務関係を定めることを目的とし、利用者と当団体との間の本サービスの利用に係る一切の関係に適用されます。
  2. 当団体が本ウェブサイト上で掲載する本サービス利用に関するルールは、本規約の一部を構成するものとします。
  3. 本規約の内容と、前項のルールその他の本規約以外における本サービスの説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。

第2条(定義)

本規約において使用する以下の用語は、各々以下に定める意味を有するものとします。

  1. 「サービス利用契約」とは、本規約及び当団体と利用者の間で締結する、本サービスの利用契約を意味します。
  2. 「知的財産権」とは、著作権(著作権法27条及び28条に定める権利を含みます)、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)を意味します。
  3. 「当団体」とはBe Happy ! を意味します。
  4. 「本ウェブサイト」とはそのドメインが「be-happy-life.com」である、当団体が運営するBe Happy !(ビーハッピー)のウェブサイト(理由の如何を問わず、当該ウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のウェブサイトを含みます。)を意味します。
  5. 「Happyパートナー」とは、第3条第1項に基づいて本サービスの会員として登録された個人を意味します。
  6. 「会員サービス」とは、本サービスのうちHappyパートナー及びBe Happy ! ライター向けに提供するサービスを意味します。
  7. 「Be Happy ! ライター」とは、第3条第4項に基づいて本サービスのBe Happy ! ライターとして登録された個人を意味します。
  8. 「メンバーID」とは、当団体がHappyパートナーに対して付与するIDをいい、メンバーIDが当団体のサーバーに登録され、Happyパートナーに付与されます。
  9. 「Be Happy ! ライターID」とは、当団体がBe Happy ! ライターに対して付与するIDをいい、Be Happy ! ライターIDが当団体のサーバーに登録され、Be Happy ! ライターに付与されます。
  10. 「投稿データ」とは、Be Happy ! ライターが本サービスに投稿、送信、アップロードするなどして当団体の管理するサーバーに保存させたコンテンツ(文章、画像、音楽動画その他のデータを含みますがこれらに限りません。以下同じ。)を意味します。
  11. 「月額利用サービス」とは、当団体がHappyパートナーに対して提供する、Be Happy ! ライターの記事を月単位にて、有料または無料で利用することができるサービスをいいます。

第3条(Happyパートナー及びBe Happy ! ライターの登録・変更・管理・利用)

1.Happyパートナー登録

  1. 本サービスの利用を希望する者(以下「登録希望者」といいます。)は、本規約を遵守することに同意し、かつ当団体の定める一定の情報(以下「登録事項」といいます。)を当団体の定める方法で当団体に提供することにより、当団体に対し、会員サービスの利用の登録を申請することができます。
  2. 当団体は、当団体の基準に従って、1に基づいて登録申請を行った登録希望者(以下「登録申請者」といいます。)の登録の可否を判断し、当団体が登録を認める場合にはその旨を登録申請者に通知します。登録申請者のHappyパートナーとしての登録は、当団体が本項の通知を行ったことをもって完了したものとします。
  3. 2に定める登録の完了時に、会員サービスの利用契約がHappyパートナーと当団体の間に成立し、Happyパートナーは会員サービスを本規約に従い利用することができるようになります。
  4. 当団体は登録申請者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録及び再登録を拒否することがあり、またその理由について一切開示義務を負いません。
    ①当団体に提供された登録事項の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
    ②成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
    ③反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当団体が判断した場合
    ④登録申請者が過去当団体との契約に違反したもの又はその関係者であると当団体が判断した場合
    ⑤第4条第1項に定める措置を受けたことがある場合
    ⑥当団体に提供された事項が、真実ではない、または、正確ではないと当団体が認める場合その他、当団体が登録を適当でないと判断した場合

2.登録情報の変更

Happyパートナーは、登録事項に変更があった場合は、遅滞なく、当団体の定める方法により、当該変更事項を当団体に通知するものとします。Happyパートナーがかかる通知を怠ったことにより何らかの損害を被ったとしても、当団体は何らの責任も負わないものとします。

3.パスワード及びメンバーIDの管理

  1. Happyパートナーは、自己の責任において、本サービスに関するパスワード及びメンバーIDを管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させ、貸与または譲渡してはならず、かつ、第三者への名義変更等をしてはならないものとします。
  2. 当団体は、登録されたID等を利用して行われた一切の行為について、Happyパートナー本人の行為とみなすものとします。パスワード又はメンバーID の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任はHappyパートナーが負うものとし、当団体は一切の責任を負いません。
  3. 当団体は、Happyパートナーが本規約に違反しまたは違反するおそれがあると認めた場合、あらかじめHappyパートナーに通知することなく、IDを停止または廃止することができます。

4.Be Happy ! ライター登録

  1. 本サービスを利用する本ウェブサイトまたは当団体指定のサイト上でBe Happy ! ライター登録を行った利用者(以下「Be Happy ! ライター」といいます)のみが利用できるサービス(以下「本件Be Happy ! ライターサービス」といいます)については、Be Happy ! ライターのみが利用できるものとし、本件Be Happy ! ライターサービスの利用を希望する利用者は、本ウェブサイトまたは当団体指定のサイト上でBe Happy ! ライター登録を行ってからご利用下さい。
  2. Be Happy ! ライターは、登録事項(メールアドレス、住所、電話番号その他Be Happy ! ライター登録のために必要となる当団体が指定する情報)に変更があった場合は、遅滞なく、当団体の定める方法により、当該変更事項を当団体に通知するものとします。Be Happy ! ライターがかかる通知を怠ったことにより何らかの損害を被ったとしても、当団体は何らの責任も負わないものとします。
  3. 当団体は、各Be Happy ! ライターに対して、Be Happy ! ライターIDを発行します。Be Happy ! ライターIDの管理責任については、メンバーIDの管理責任に関して規定した本条第3項を準用します。
  4. 何らかの理由で退会し、再度登録をする場合には、再登録手数料(3,000円+消費税)が発生いたします。

5.投稿データの投稿・取扱・外部サービス連携

  1. Be Happy ! ライターによって作成・投稿された「投稿データ」は、当団体が定める審査基準を満たすと当団体が判断した場合のみ、本サービスにおいて第三者に公開することができます。
  2. Be Happy ! ライターは、本サービスへ投稿を行った時点で、投稿データの国内外における全ての知的財産権を、当団体及び別途当団体が指定する第三者に対して利用する権利(営利目的の有無を問わず、複製、上演、演奏、上映、公衆送信、公衆伝達、口述、展示、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、(当団体が事業目的上必要な範囲で)改変する権利を含みます。また、これらの権利を第三者に再許諾する権利を含みます。)を無償、かつ無期限に、地域の限定なく、許諾したものとします。
    Be Happy ! ライターがBe Happy ! ライター登録を抹消、退会した場合(当団体がBe Happy ! ライター登録を抹消した場合を含む)であっても、かかる許諾の効力は有効であり続けます。Be Happy ! ライターは、投稿データに関する著作者人格権を当団体または当団体の指定する第三者による利用に対して行使しないことにも同意するものとします。
    Be Happy ! ライターは、第三者の権利(知的財産権、肖像権等を含みますが、これらに限りません)が含まれるコンテンツ(以下「第三者コンテンツ」といいます)を本サービスに投稿する場合、当該権利を有する第三者から、利用者による第三者コンテンツの本サービスへの投稿について、予め許諾を得るものとします。また、Be Happy ! ライターは、前項に定めるBe Happy ! ライターから当団体への許諾と同様の許諾を第三者から当団体に対して得るとともに、当団体による第三者コンテンツの利用に必要な権利処理の一切を行うものとします。
  3. Be Happy ! ライターは、投稿データを無断転載・無断利用してはなりません。ただし、投稿データを投稿した本人は除きます。
  4. 投稿データを投稿する際に、Be Happy ! ライターがtwitter・Facebook等の外部サービス(以下「外部サービス」といいます。)との連携機能を利用する場合、Be Happy ! ライターは、かかる連携により、Be Happy ! ライターが作成した投稿データの外部サービスへの投稿を当団体がBe Happy ! ライターに代行して行うこと、及び、当団体がBe Happy ! ライターに代行して外部サービスへ投稿するにあたり、当該投稿データに関連するウェブページへのURLを付加して投稿することを予め承諾したものとします。
    なお、Be Happy ! ライターは、連携機能を利用してログインする際に、当団体がデータにアクセスすることについての許可を求められることがあり、かかる内容を確認の上、許可した場合に限り、連携機能を利用することができるものとします。外部サービスのユーザーIDの登録・利用を含む全ての外部サービスの利用(Be Happy ! ライターが作成した投稿データの外部サービスへの投稿を含みます。)については、Be Happy ! ライターは、外部サービスの運営者が規定する各規約の定めに従うものとします。
  5. 外部サービスを利用する場合、Be Happy ! ライターは、自己の責任において当該サービスを利用するものとし、当団体は、当該サービスを利用したことにより生じた損害、当該サービスの運営者・Be Happy ! ライター等との間に生じたトラブルその他の当該サービスに関連する一切の事項について何らの責任も負わないものとします。
  6. 当団体は、Be Happy ! ライターが投稿データなどに関し法令もしくは本規約に違反しまたは違反するおそれのあると認めた場合、その他業務上の必要性があると認めた場合には、あらかじめBe Happy ! ライターに通知することなく、当団体の管理するサーバーから投稿データを削除するなどの方法により、本サービスまたは投稿データを利用できないようにすることができます。
    そのため、Be Happy ! ライターは常に投稿データのバックアップを作成しておくことが推奨されます。なお、削除対象に該当するか否かは、全て当団体が判断いたします。

第4条(利用者の登録取消等・退会)

1.登録取消等

(1)当団体は、当団体が必要であると認める場合(利用者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合を含むがこれに限らない)、利用者に対して事前に通知又は催告することなく、当該利用者について本サービスの利用を一時的に停止し、又は利用者としての登録を抹消、もしくはサービス利用規約を解除することができます。

  1. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
  2. 登録情報に虚偽の事実があることが判明した場合
  3. Happyパートナーが月額利用サービスの更新日から3ヶ月以上の支払いがないもしくは支払い不能となり、又は破産手続き開始、民事再生手続き開始もしくはこれらに類する手続きの開始の申し立てがあった場合
  4. Be Happy ! ライター登録完了後から1ヶ月以上、一度も投稿データを公開していない、もしくは、Be Happy ! ライターが投稿データを最後に公開してから3ヶ月以上、投稿データを公開していない場合
  5. 当団体からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して30日間以上、応答がない場合
  6. 第3条第1項(4)号のいずれかに該当する場合
  7. その他、当団体が本サービスの利用、利用者としての登録、又はサービス利用の継続を適当でないと判断した場合

(2)当団体は、本条に基づき当団体が行った行為により利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

2.退会

  1. 利用者は、当団体所定の方法で当団体に通知することにより、Be Happy ! ライター又は/及びHappyパートナーから退会し、自己のBe Happy ! ライター又は/及びHappyパートナーとしての登録を抹消することができます。
  2. 退会後の個人情報の取り扱いについては、第13条の規定に従うものとします。
  3. 退会にあたり、当団体に対して負っている債務がある場合には、利用者は、当団体に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当団体に対して全ての債務の支払いを行わなければなりません。

第5条(インセンティブ))

  1. 当団体は、公開投稿コンテンツ(本サービスにおいて、一般による閲覧またはアクセスが可能な投稿データのことをいいます。)について、当団体が定める基準(以下「本件基準」といいます。)に基づき、当団体の裁量により、コンテンツ投稿者であるBe Happy ! ライターに対し、現金、Amazonギフト券、iTunesギフト(以下これらを「ギフト」といいます)に交換することができるBe Happy ! ポイント(以下「インセンティブ」といいます)を付与します(以下、公開投稿コンテンツにインセンティブを付与し、当該インセンティブをギフトに交換可能とする本サイト上のサービスを「本プログラム」といいます)。
  2. 本規約または当団体の定める基準に違反するコンテンツ、その他、当団体が不適切と判断した公開投稿コンテンツには、インセンティブが付与されません。
  3. 当団体は、本プログラムの内容を当団体の判断で変更または廃止することができるものとします。
  4. 当団体は、本件基準の内容を、任意に定め、かつ変更することができるものとします。なお、ご参考までに、本件基準の概要については、【こちら:Be Happy ! Be Happy ! ライターに関するガイドライン】に記載されたとおりです。
  5. インセンティブの算定にあたって、当団体のサーバーの故障、第三者による妨害その他の事由によりBe Happy ! ライターのインセンティブの算定(本件基準の概要をご参照ください)が行えない場合であっても、当団体は何らの責任も負いません。
  6. Be Happy ! ライターは、次条の条件に従って、当団体に対して、付与されたインセンティブのうち、Be Happy ! ライターのマイページにおいて「確定ポイント」として通知されたポイント(以下「確定ポイント」といいます。)を、当該確定ポイントの利用ポイント数に応じて、ギフトへ交換することを請求することができます。
  7. 前項の規定にかかわらず、Be Happy ! ライターは、当団体が定める一定のポイントに確定ポイントが達した場合のみギフトへの交換請求ができるものとします。詳しくは、【こちら:Be Happy ! Be Happy ! ライターに関するガイドライン】に記載されている本件基準をご参照ください。
  8. 当団体がBe Happy ! ライターに確定ポイントを通知した後に、かかる確定ポイントが本件基準に照らし不正確であることが判明した場合、当団体は、かかる確定ポイントを訂正し又は取り消すことができるものとします。

第6条(インセンティブの交換)

  1. Be Happy ! ライターから、Be Happy ! ライターのマイページにおいて、当団体の定める方法に基づき、当団体に対して、ギフトへの交換の請求があった場合、当団体は、Amazonギフト券またはiTunesギフトの場合、当該Be Happy ! ライターの登録済みメールアドレス宛に送付、また現金の場合、指定の銀行口座への振込(振込手数料はBe Happy ! ライターが負担)、当該請求において利用される確定ポイントに応じてギフトと交換します。
  2. Be Happy ! ライターは、ギフトへの交換を請求する時に、Be Happy ! ライターのマイページにおいて表示される確定ポイントの内容を確認してからギフトへの交換を請求するものとします。
  3. 当団体によるインセンティブないしギフトは、当団体が必要と認めた場合には当団体の裁量により自由に変更、修正されるものとします。
  4. Be Happy ! ライターに以下に掲げる事由のいずれかが生じた場合、Be Happy ! ライターは、以下に掲げるインセンティブの全部又は一部の支払請求権を放棄したものとみなされます。
    (1)Be Happy ! ライターがBe Happy ! ライターIDを削除して退会した場合:インセンティブ全額
    (2)本規約に基づき、当団体がBe Happy ! ライターID を停止又は廃止した場合:インセンティブ全額
    (3)Be Happy ! ライターのマイページにおいてBe Happy ! ライターに通知される月別の確定ポイントについて、当該確定ポイントが発生した日の属する月の末日から2年経過した場合:当該確定ポイント
    (4)当団体が、本サービスを廃止しまたは本プログラムを廃止した日から3ヵ月経過した場合:インセンティブ全額。なお本号は前号に優先するものとします。

第7条(禁止事項)

利用者は、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為又は該当すると当団体が判断する行為をしてはなりません。
利用者は、利用者が法令または本規約に違反して本サービスを利用したことに起因して(かかる趣旨のクレームを第三者より当団体が受けた場合を含みます。)、当団体が直接的もしくは間接的に何らかの損害、損失または費用負担(弁護士費用の負担を含みます。)を被った場合、当団体の請求にしたがって直ちにこれを賠償または補償するものとします。

  1. 法令に違反する行為又は犯罪行為に関連する行為
  2. 当団体、本サービスの他の利用者又はその他の第三者に対する詐欺又は脅迫
  3. 公序良俗に反する行為
  4. 当団体、又は本サービスの他の利用者その他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害し、又は、侵害するおそれのある行為(かかる侵害を直接又は間接に惹起する行為を含みます。)
  5. 本サービスのアカウント管理画面上の機能、仕様に関する第三者への提供行為
  6. 本サービスで事前に指定した外部リンクの設置目的、及び設置方法以外での外部リンク設置行為
  7. 本サービスを通じ、以下に該当し、又は該当すると当団体が判断する情報を当団体又は本サービスの他の利用者に送信すること
    (1)暴力的又は残虐な表現を含む情報
    (2)コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報
    (3)当団体、本サービスの他の利用者又はその他の第三者の名誉または信用を棄損し、棄損するおそれのある表現を含む情報
    (4)わいせつな表現を含む情報
    (5)差別を助長し、又は、助長するおそれのある表現を含む情報
    (6)自殺、自傷行為を助長し、又は、助長するおそれのある表現を含む情報
    (7)薬物の不適切な利用を助長し、又は、助長するおそれのある表現を含む情報
    (8)反社会的な表現を含む情報
    (9)チェーンメール等の第三者への情報の拡散を求める情報
    (10)他人に不快感を与え、又は、不快感を与えるおそれのある表現を含む情報
    (11)面識のない異性との出会いを目的とした情報
    (12)その他公序良俗に反するおそれのある情報
  8. 本サービスのネットワーク又はシステム等に過度な負荷をかける行為
  9. 本サービスの運営を妨害する恐れのある行為
  10. 当団体のネットワーク又はシステム等に不正にアクセスし、又は不正なアクセスを試みる行為
  11. 第三者に成りすます行為
  12. 本サービスの他の利用者のメンバーID 、Be Happy ! ライターID又はパスワードを利用する行為
  13. 一人の利用者が複数のメンバーID 、Be Happy ! ライターIDを保有する行為または一つのメンバーID 、Be Happy ! ライターIDを複数人で共同して保持する行為
  14. メンバーID 、Be Happy ! ライターIDの使用を停止ないし無効にされた登録者に代わりメンバーID 、Be Happy ! ライターIDを取得する行為
  15. 本サービスへの不正アクセス行為、有害なコンピュータープログラム等の送信または投稿、その他本サービスによって提供される機能を複製、修正、転載、改変、変更、リバースエンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル、翻訳あるいは解析する行為
  16. 長時間の架電、同様の問い合わせの繰り返しを過度に行い、または義務や理由のないことを強要し、当団体の業務に著しく支障を来たす行為
  17. 当団体が事前に承諾しない本サービス上での宣伝、広告、勧誘又は営業行為
  18. 許可なく行われる、本サービスの他の利用者の情報収集
  19. 当団体、本サービスの他の利用者又はその他の第三者不利益、損害、不快感を与え、又は、与えるおそれのある行為
  20. 本ウェブサイト上で掲載する本サービス利用に関するルールに抵触する行為
  21. 反社会的勢力等への利益供与
  22. 前各号の行為を直接又は間接に惹起し、又は援助、助長ないし容易にする行為
  23. その他、当団体が不適切と判断する行為

第8条(本サービスの停止等)

  1. 当団体は、以下のいずれかに該当する場合には、当団体の都合により、利用者に事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部の提供を停止又は中断することができるものとします。
    (1)本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を行う場合
    (2)コンピューター、通信回線等が事故その他の理由により停止した場合
    (3)地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
    (4)その他、当団体が停止又は中断を必要と判断した場合
  2. 当団体は、当団体の都合により、本サービスの提供を終了することができます。この場合、当団体は利用者に事前に通知するものとします。
  3. 当団体は、本条に基づき当団体が行った措置に基づき利用者に生じた責任について一切の責任を負いません。

第9条(権利帰属)

  1. 本ウェブサイト及び本サービスに関する所有権及び知的財産権は全て当団体又は当団体にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に基づく本サービスの利用許諾は、本ウェブサイト又は本サービスに関する当団体又は当団体がライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。
  2. 利用者は、投稿データについて、自らがその投稿その他送信することについての適法な権利(当該投稿データに関する複製、公衆送信、譲渡・翻案等、著作権法上の権利を含む)を全て有していること、及び投稿データが第三者の権利を侵害していないことについて、当団体に対し表明し、保証するものとします。
    利用者は、第三者の著作物等を利用して投稿を行う場合には、利用者の責任と負担において、必要な権利処理を行う義務があり、当該義務が果たされていることについて表明し、保証します。
  3. 利用者は、投稿データについて、当団体に対し、世界的、非独占的、無償、サブライセンス可能かつ譲渡可能な使用、複製、配布、派生著作物の作成、表示及び実行に関するライセンスを付与します。
    また、他の利用者に対しても、本サービスを利用してユーザーが投稿その他送信した投稿データの使用、複製、配布、派生著作物を作成、表示及び実行することについての非独占的なライセンスを付与します。
  4. 利用者は、当団体及び当団体から権利を継承した又は許諾された者に対して著作者人格権を行使しないことに同意するものとします。

第10条(本サービスの内容の変更、終了)

  1. 当団体は、当団体の都合により、本サービスの内容を変更し、又は提供を終了することができます。当団体が本サービスの提供を終了する場合、当団体は利用者に事前に通知するものとします。
  2. 当団体は、本条に基づき当団体が行った措置に基づき利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

第11条(保証の否認及び免責)

  1. 当団体は、本サービスにおいて信頼できるサービスや情報を利用者へお届けすべく努力をしていますが、次の各号について、一切保証しないものとします。本サービスの利用に際しては、利用者自身が、本サービスおよび本サービスにおいて提供される情報やサービスの有用性等を判断し、利用者自身の責任でご利用下さい。
    (1)本サービス上で提供される全ての情報(本サービス上のコンテンツ、並びに、本サービスとして、および本サービス上に表示される、第三者が管理・運営するリンクサイト内に含まれる一切の情報等を含みますが、これに限られません。以下同様とします)に関する、適合性(本サービスが利用者の特定の目的に適合すること)、正確性及び有用性(期待する機能・商品的価値・正確性・有用性を有すること)、適法性(利用者による本サービスの利用が利用者に適用のある法令又は業界団体の内部規制等に適合すること)、安全性ないし完全性(損害や不具合、エラーないし障害が生じないこと、本サービスに関連して送信される電子メール、ウェブコンテンツ等に、コンピューターウィルス等の有害なものが含まれていないこと)及び、最新性等
    (2)本サービス上で提供される情報に権利侵害がないこと
    (3)本サービスの存続または同一性が維持されること
  2. 当団体は、当団体による本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能又は変更、利用者が本サービスに送信したメッセージ又は情報の削除又は消失、利用者の登録の抹消、本サービスの利用による登録データの消失又は機器の故障もしくは損傷、その他本サービスの利用又は利用不能に関して利用者が被った一切の損害(本項各号の損害、精神的苦痛などの精神的損害、第三者に生じる間接損害、逸失利益、その他一切の金銭的損失・損害を含み、以下「ユーザー損害」といいます。)につき、賠償する責任を一切負わないものとします。
    但し、ユーザー損害につき当団体に故意又は重過失があった場合はこの限りではありません。
    (1)本サービスを介して行う、第三者が提供するコンテンツのダウンロード、および、第三者が管理・運営するリンクサイトへのアクセス等の行為により、利用者に生じた損害
    (2)当団体が相当の安全策を講じたにもかかわらず、本サービスの無断改変、本サービスに関するデータへの不正アクセス、コンピュータウィルスの混入等の不正行為が行われ、これに起因して利用者に生じた損害
    (3)通信回線やコンピューターの障害等による、当団体のサーバーやシステム、本サービスの中断、遅延、中止、データ消失等により生じた損害
  3. 何らかの理由により、当団体が責任を負う場合であっても、当団体は、ユーザー損害につき1万円を超えて賠償する責任を負わないものとし、また、付随的損害、間接的損害、特別損害、将来の損害及び逸失利益にかかる損害については、賠償する責任を負わないものとします。但し、ユーザー損害につき当団体に故意又は重過失があった場合はこの限りではありません。
  4. 本サービス又は本ウェブサイトに関連して、利用者と他の利用者又は第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、当団体は一切責任を負いません。利用者は、かかる侵害に関する第三者とのトラブル、紛争等に関し、自らの責任と費用で解決するものとします。
  5. 本サービス中に掲載される広告(その形態は問いません)や本ウェブサイトから他のウェブサイトへのリンク又は他のウェブサイトから本ウェブサイトへのリンクが提供されている場合でも、当団体は、本ウェブサイト以外のウェブサイト及びそこから得られる情報に関して、その内容の正確性、完全性等について如何なる保証もいたしません。
    また、利用者や第三者に損害や不利益が生じた場合、その他の如何なる理由に基づいても、当団体は一切の責任を負わないものとします。
  6. 当団体は、利用者が本規約に違反して本サービスを利用していると判断した場合、当団体が必要かつ適切と判断する措置(法的措置を含みます)を講じることができるものとします。
    ただし、当団体は、利用者および第三者に対して、利用者その他の者が本規約に違反しないことを保証するものではなく、また、当団体は、利用者および第三者に対して、かかる違反を防止または是正する義務を負わないものとします。

第12条(秘密保持)

  1. 本規約において「秘密情報」とは、利用契約又は本サービスに関連して、利用者が、当団体より書面、口頭若しくは記録媒体等により提供若しくは開示されたか、又は知り得た、当団体の技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する全ての情報を意味します。但し、以下のものについては秘密情報から除外するものとします。
    (1)当団体から提供若しくは開示がなされたとき又は知得したときに、既に一般に公知となっていた、又は既に知得していたもの
    (2)当団体から提供若しくは開示又は知得した後、自己の責めに帰せざる事由により刊行物その他により公知となったもの
    (3)提供又は開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの
    (4)秘密情報によることなく単独で開発したもの
    (5)当団体から秘密保持の必要なき旨書面で確認されたもの
  2. 利用者は、秘密情報を本サービスの利用の目的のみに利用するとともに、当団体の書面による承諾なしに第三者に当団体の秘密情報を提供、開示又は漏洩しないものとします。
  3. 第2項の定めに拘わらず、利用者は、法律、裁判所又は政府機関の命令、要求又は要請に基づき、秘密情報を開示することができます。但し、当該命令、要求又は要請があった場合、速やかにその旨を当団体に通知しなければなりません。
  4. 利用者は、当団体から求められた場合にはいつでも、遅滞なく、当団体の指示に従い、秘密情報並びに秘密情報を記載又は包含した書面その他の記録媒体物及びその全ての複製物を返却又は廃棄しなければなりません。
  5. 利用者は、本サービスに関連して当団体が利用者に対して秘密に取り扱うことを求めて開示した非公知の情報について、当団体の事前の書面による承諾がある場合を除き、秘密に取り扱うものとします。

第13条(個人情報の取り扱い)

  1. 利用者の個人情報の取り扱いについては、別途「Be Happy ! 個人情報取扱い方針」(https:// be-happy-life.com /policy)の定めによるものとし、利用者は、この取扱い方針に従って当団体が利用者の個人情報を取り扱うことについて同意するものとします。
  2. 当団体は、利用者が当団体に提供した情報、データ等を、個人を特定できない形で統計的な情報として、当団体の裁量で、利用及び公開することができるものとし、利用者はこれに異議を唱えないものとします。

第14条(本規約等の変更)

本規約の内容は、利用者への事前の通知なしに必要に応じて変更することがありますので、本サービスをご利用の際には本サービス上に掲載されている最新の本規約をご確認下さい。 当団体が本規約の内容変更を行った後、利用者が本サービスを利用した場合、当該利用者が本規約の変更を承諾したものとみなすものとします。

第15条(連絡/通知)

本サービスに関する問い合わせその他利用者から当団体に対する連絡又は通知、及び本規約の変更に関する通知その他当団体から利用者に対する連絡又は通知は、当団体の定める方法で行うものとします。

第16条(利用契約上の地位の譲渡等)

  1. 利用者は、当団体の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることができません。
  2. 当団体は、本サービスに係る事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに利用者の登録事項その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者は、かかる譲渡につき本項においてあらかじめ同意したものとします。
    なお、本項に定める事業譲渡には、通常の譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第17条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された既定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第18条(反社会的勢力の排除)

  1. 利用者は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」といいます)に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
    (1)暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
    (2)暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
    (3)自己もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
    (4)暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
    (5)役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
  2. 利用者は、自らまたは第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約するものとします。
    (1)暴力的な要求行為
    (2)法的な責任を超えた不当な要求行為
    (3)取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
    (4)風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
    (5)その他前各号に準ずる行為

第19条(利用者の義務)

利用者は、本サービス、本プログラムを提供する事業者の定める各種規約の内、当団体又は利用者等に適用があるもの(以下「本件他社規約」といいます。)について、全て同意するものとし、利用者に本件他社規約が適用された場合に負うこととなる義務の一切を遵守するものとします。

第20条(分離条項)

本規約の一部が適用される法律上違法、無効又は修正的解釈が不可能とされる場合であっても、他の条項は引き続き有効であり、その有効性、強制可能性に影響を及ぼさないものとします。

第21条(準拠法及び管轄裁判所)

  1. 本規約及びサービス利用契約の準拠法は日本法とします。
  2. 本規約又は本サービス利用規約に起因し、又は関連する一切の紛争については、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。