⇒車いすでも1万発の花火を目の前で!みなと神戸花火大会・ハートフルゾーン をご覧ください。 " />

【体験記】車いすでも1万発の花火を目の前で!みなと神戸花火大会・ハートフルゾーン

2016年09月04日

以前に当サイトでも紹介した、みなと神戸花火大会のハートフルゾーンについて、実際に行ってきたので、その様子をご紹介したいと思います。 みなと神戸花火大会の詳しい情報については ⇒車いすでも1万発の花火を目の前で!みなと神戸花火大会・ハートフルゾーン をご覧ください。

コンビニは会場手前に一件、現地には屋台も

会場となる兵庫ふ頭まで、私は車で向かいました。会場に近づくと車いすユーザーや介助者を連れた方らが歩く姿も見られました。 車で会場まで乗り入れる場合、事前に道路上で当選ハガキの確認が行われるので、忘れずに準備しておきましょう。 IMG_4176 毎年同じ場所でハガキの確認を行っているかは分からないのですが、確認エリアを超えたすぐにコンビニが一件あります(2016年時)。 私もここで飲み物や軽食の買い出しを行いましたが、中はすごい人です。車いすユーザーの人も3,4人いましたが、みんな進みにくそうにしていました。 また、花火大会の駐車場付近にも屋台が数件出ていたので、簡単な食べ物ならそちらを利用してもいいですね。

駐車場は砂利がすごい

花火大会用の臨時駐車場はいくつかあるのかもしれませんが、私の入ったエリアは砂利がすごかったです。車いすユーザーのみなさんはお分かりかと思いますが、通常の車いすと砂利の相性は最悪ですよね。 段差があったりロープが張ってあったりで出入り口も限られているので、車で行けるのはいいですが、車を降りてからは少し注意が必要です。 ただ、駐車場からハートフルゾーンまでは非常に近く、そこはめちゃくちゃ便利です。

ハートフルゾーン入場には再度ハガキの提示が必要

以前の記事でも紹介した通り、みなと神戸花火大会のハートフルゾーン利用には事前に申し込みが必要です。 届いたハガキを持って、スタッフに確認してもらうことで初めてハートフルゾーンに入ることができます。 私は車にハガキを置き忘れ(正確には車入場の際にダッシュボードに置いとけという間違った説明をされた)、取りに行きましたが、忘れずに持っていきましょう。

ゆとりのあるスペースで花火鑑賞

いよいよ花火です。どのへんから上がるのかな…ワクワク。コンビニのおにぎりを頬張り油断していると、「ワァァ!」と歓声が。 ドカーン!花火はこんな感じの距離感です! IMG_4588   IMG_4587 いかがですか? 少し離れた場所に位置するハートフルゾーンからの景色はやや期待と違う部分はありましたが、それでも十二分に迫力ある花火で大満足でした。 (ハートフルゾーンを区切るフェンスは少し邪魔に思いました。フェンスの向こう側が一般エリアです) ただ、なによりもこの距離で、こんなにもゆったりと自由に花火の全景を見れるのはかなり魅力的です。 ちなみにハートフルゾーンの奥側はこんな感じです。 IMG_4594 みんなシートを広げたりしながらリラックスしてみています。それでも、まだ十分なスペースがありますね。 みなと神戸花火大会のハートフルゾーンは有名で、新幹線や飛行機で全国から来られる方もいるそうです。ぜひ、みなさんもお越しください。


※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。

内容について運営スタッフに連絡

いいね と思ったらシェアをお願いします