握力がなくても使えるお箸!箸ぞうくんL型

2015年04月15日

お箸の自助具「箸ぞうくんL型」についてのご紹介です。

箸ぞうくんとは

日本人が快適な食生活を送るうえで非常に大切なファクターとしての「お箸」を医師、理学・作業療法士、保健師、患者などの方々の協力の元に研究開発されたお箸の自助具です。

また、障害者だけでなく高齢の方々にも使用できる便利でユニークなユニバーサルデザインです。

箸ぞうくんL型の特徴

ネジを締め付けることでグリップの位置や角度を自由に調整することができます。

これにより、どんな指の形や握力がなくても使うことができます。さらにグリップの位置を変えることで左右どちらでも変更が可能です。

私は握力がないのですが、手首の背屈だけでつかみきることができるので、握力は全く要りません。

箸ぞうくんL型のこだわり

素材はヒノキを用いており、掴みやすくするために形状は四角くです。また表面は漆が塗り重ねられ木目がより一層美しく見えるほど自助具にしてはかなりこだわっています。

食器洗浄機や乾燥機には対応していませんが、普通に洗う分には問題ありません。

価格は2,800円(税抜)と普通のお箸よりは少し高めです…。

箸ぞうくんL型を使用してみて

握力のない私はご飯を食べるため、スプーンやフォークをユニバーサルカフ(自助具)に取り付けて、食べ物を口に運ぶリハビリをかなり行いました。

おかげで大体の料理はスプーンやフォークで食べられるようになったわけですが… やはり日本食である「寿司」「鍋」「魚料理」などスプーンやフォークでは食べにくいのが現実です。

「日本人としてお箸が使えない人生でいいのだろうか。」

と思っていた時に、握力のない私でも使うことのできる夢のようなお箸「箸ぞうくん L型」と出会い、お箸で食べル事でより一層料理が美味しくなりました!

もし、お箸を諦めているなら、「箸ぞうくん L型」はオススメですよ♪

「箸ぞうくん L型」
詳しくはコチラから


※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。

内容について運営スタッフに連絡

いいね と思ったらシェアをお願いします