大阪や東京で車椅子レインコートがタダに!!

2015年07月12日

車椅子レインコートは日常生活用具の給付対象内という事をご存知でしょうか? 給付対象内という事は… 車椅子レインコートがタダで手に入る可能性があります!

そもそも日常生活用具って何?

日常生活用具とは日常生活の便宣を図るため、「介護・訓練支援用具」「自立生活支援用具」「排泄管理支援用具」など他にも様々な用具があり、市町村が行う地域生活支援で給付券が発行され、実費0円か少しの自己負担額で日常生活用具を購入する事ができます。 参考資料:日常生活用具の種類と基準はコチラ(別紙1?)

車椅子レインコートの給付基準

大阪市の場合 車椅子の使用を必要とする者 東京都練馬区 学齢児以上の身体障害手帳の交付を受けた者(児)で、その障害の程度が1、2級の者のうち補装具として車椅子の交付を受けたもの。

車椅子レインコートの給付限度額

大阪市の場合 10,500円 耐用年数はなし 東京都練馬区の場合 19,000円 耐用年数5年

申請方法

市町村長に申請し、市町村による給付等の決定後、給付を受ける事ができるのですが、ここで2つの注意事項があります。 ・車椅子レインコートが日常生活用具の給付対象内かどうか市町村に問い合わせる。(現在、対象外でも今後、日常生活用具に該当する可能性があります) *東京は練馬区だけでなく、品川区や世田谷区でも給付を申請することができます。 ・車椅子レインコートを先に購入すると給付券を受けることができません。 *私は車椅子レインコートが給付対象とは知らず購入してしまい、給付が受けられずショックを受けました!!

自己負担額

厚生労働省では「市町村の判断による。」と明記されており、通常、世帯の前年度の所得税により自己負担額が決定されます。 参考資料:日常生活用具の給付にかかる自己負担額(別紙2 )

最後に

車椅子ユーザーの救世主「PIRO RACING 車椅子レインコート」はコチラ 最近、私が購入した車椅子レインコートです。ぜひ、お読みください!


※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。

内容について運営スタッフに連絡

いいね と思ったらシェアをお願いします