操作性とデザインの最高峰「Kensington SlimBlade Trackball」

2015年04月15日

四肢麻痺必見!握力がなくても使えるKensington SlimBlade Trackballのご紹介です。

パソコンのマウスが使えない!

私は四肢麻痺により握力が無いためマウスを操作する際、手からマウスが離れてしまったり、ボタンを押す時にマウスの本体が動いて上手くクリックできない事がよくありました。
ノートパソコンのマウスパッドもしかりです。さらにマウスでドラッグするには片手ではできず、両手で行わないといけないため、非常に困っていました。

しかし、このKensington SlimBlade Trackballは全ての問題を解決します!!

トラックボールとは

そもそもトラックボールはマウスと違い本体が動きません。
卓上にあるボールを転がす事でポインターが縦横無尽に動くのです。このおかげで手の位置を変えることがないので、手から離れることもなく、手のひら転がせることから握力がなくても操作は可能です。
また、スクロール動作も2つの高度な光学センサーがZ軸回転を検知してストレスなくスムーズに行えます。

SlimBlade Trackballの機能 Part1

ボタンは大きめに設計されており手全体で押すには十分です。
さらにボタンは4つあり、2つ同時押しの動作を含めて6つの動作が自由に割り振りできます。

初期設定の際に使用するTrackball WorksソフトウェアはKensingtonのホームページ(https://www.kensington.com/ja-jp/p/products/control/trackballs/SlimBlade-Trackball/)から無料でダウンロードでき、直感的にかつ簡単に設定できます。

SlimBlade Trackballの機能 Part2

主な動作はこちら →クリック 右クリック ドラッグ トラックボールでスクロール コピー ペースト 切り取り アプリケーション終了 元に戻す 再生/一時停止 音量変更

私はMacユーザーですが、このような設定にしています。

これにより、健常者だった時と変わらないくらいのマウス操作が可能になりました。

SlimBlade Trackballのデザイン

デザインはSlimBlade Trackballの名前の通りスリムなボディーと真っ赤なボールが特徴です。

KensingtonのSlimBlade Trackballと同じ機能を持つベストセラーモデルのExpert Mouseは厚みがかなりあり、ボタンも押しやすいのですが、個人的にはスタイリッシュな感じで赤色のボールに惹かれました。

某高級ホテルのフロントで使われているのを見ましたよ。

さぁ!Kensington SlimBlade Trackballで見た目をオシャレして、快適なマウス操作を手に入れよう!


※掲載内容は記事公開時点のものです。最新情報は、各企業・店舗等へお問い合わせください。

内容について運営スタッフに連絡

いいね と思ったらシェアをお願いします