Be Happy! 障がい者のQOLアップを目指して

心の洗濯「訪問入浴」


お風呂2*イメージ画像です

訪問入浴とは自宅の浴槽に入るのが困難な方に対して、移動入浴車で浴槽を自宅まで運び入浴介助を行うサービスです。

私は毎日お風呂は入っていますが、浴槽を使わずシャワー浴なので訪問入浴は湯船に浸かれる唯一のチャンスです。

訪問入浴の流れ

訪問入浴のスタッフは看護師1名、ヘルパー2名の3人体制です。

浴槽の準備

血圧や体温チェック後、脱衣し浴槽へ移動

浴槽に浸かりながら洗髪、洗顔、先身を行う(湯温40~41度、15分程度)

浴槽から移動して着衣後、血圧や体温チェック

訪問入浴の費用

生活保護世帯 無料
市民税非課税者 無料
所得税非課税者 100円/回
所得税課税者 400円/回

*1ヶ月に8回まで

訪問入浴の申し込み

事前訪問で健康状態や入浴場所の確認を行います。主治医からの許可を得て訪問入浴サービスが開始になります。さらに、訪問入浴の助成が受けられる可能性があるので各市町村にお問い合わせをお願いします。私は以前、ニチイの訪問入浴サービスを使っていました。(現在は引越しをしたため、新たな事業所を検討中)

まとめ

入浴の他にもシーツ替え、爪切り、軟膏の塗布なども入浴後にしてくれます。私は一時期、坐骨に褥瘡がありましたが、看護師が帯同しており経過観察や処置をしてもらえるので非常に助かりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です