Be Happy! 障がい者のQOLアップを目指して

Happy Hotel Wedding!


結婚式の会場にはホテルはもちろんゲストハウスや専門式場(神社や日本庭園など)やレストランなどがあります。

その中でも、私が経験したホテルウェディングをご紹介します。

 

ホテルウェディングのメリット

宿泊施設がある

0223_0003

前日入りすれば、結婚式当日に余裕を持って準備することができ、結婚式後に泊まれば、結婚式の余韻を楽しみながらゆっくりすることができます。他にも披露宴時に私はタキシードから紋付袴に着替えたいと思っていました。着替えるためにはベッドが必要なのですが、当日泊まる部屋のベットで着替えられるように手配しもらいホテルウェディングの良さが出た一面でした。

 

美容室、着付け、レストランなど全て揃っている

065e90b93eb51e63ac47de73b641c427_s

ホテル内で全てが揃っているので何かと便利です。私は挙式→披露宴→二次会→三次会を全てホテル内で行いました。移動がないので車いすユーザーにとっては楽な上、天候や気温に左右されません。さらに結婚式後にもレストランやショップなど気軽に立ち寄る事ができ、思い出の場所として長く付き合っていけます。

 

質の高いサービスと実績

0223_0648

ホテルスタッフのゲストへのサービスが行き届いてるのはもちろん、過去の経験から車椅子ユーザーがいる結婚式を提案してくれたりするので計画が立てやすかったです。さらに、挙式の際、どうしても指輪交換をしたいと思っており、指が動かなくても指輪交換できる方法をホテルスタッフの方と一緒になって考えてくれました。おかげで指輪交換を諦めることなく、スムーズに交換することができました。

 

ホテルウェディングのデメリット

費用が高い

充実した設備を自分たちのために使えること、ゴージャスな雰囲気を味わえること、一流のサービスを受けられることなどを考えると致し方ないのですが、レストランなどに比べるとやはり費用がかかります。

 

貸切感がない

複数の挙式会場に、複数の披露宴会場、二次会、併設のレストランまで加えれば、1日に何組ものウエディングを行っています。つまり、ホテル内で別の花嫁にすれ違うということを覚悟しておかなければなりません。私の場合、すれ違う事はありませんでしたが、やはり、私以外に何組か婚礼が入っていました。

 

まとめ

IMG_1761

いかがだったでしょうか?

メリット、デメリットはありますが、総合的にホテルは車椅子ユーザーに優しいウェディングプランではないかと思います。ぜひ、参考にしてくださいね♫

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です