Be Happy! 障がい者のQOLアップを目指して

最先端医療「ITB療法」


脊髄損傷患者のほとんどが痙性(痙縮)を経験しており、痙性への新たな治療法として、バクロフェン持続随注療法(Intrathecal Baclofen Therapy)があります。

 

痙性とは

筋肉に力がはいりすぎて、動きにくかったり、勝手に動いてしまう状態で、 わずかな刺激で筋肉に異常な力がはいり、動きにくいだけでなく、眠れないことや痛みの原因にもなります。日常生活動作(ADL)のみならず、生活の質(QOL)の低下の原因となります。

 

痙性の症状

・急激な筋収縮

→手や足がガタガタと震える。

・制御不能な「ピクピク」とした動き

→私の場合、二の腕や胸のあたりの一部で起こる事があります。

 

 

痙性が起こる代表的な疾患

脊髄損傷だけでなく、脳卒中、脳性麻痺、痙性対麻痺、脳損傷、低酸素脳症、急性脳症、脊髄小脳変性症、多発性硬化症

 

バクロフェン持続随注療法

体内に直接薬物を注入するポンプとカテーテルを外科手術で埋め込み、脊髄のまわりにバクロフェンという薬を直接投与することで、たくさんの筋肉の緊張をとり、手や足のこわばりをやわらげることができる画期的な治療方法です。

[メリット]

飲み薬によって起こる副作用(誘眠効果)がない。

適時、薬の量を調整する事ができ、痙性をちょうど良い程度にすることができる。

カテーテルやポンプを取り除くことで治療前の状態に戻ることが可能である。

[デメリット]

ポンプをお腹(ヘソの横あたり)の皮膚と筋肉の間に入れるので外見から目立ちやすく、MRIやCT検査の際、注意が必要である。

薬の補充が約3ヶ月、ポンプの交換が約7年と定期的なケアが必要である。

実施医療機関がまだまだ少ない。

 

まとめ

私は痙性がかなり強く、薬を飲んでいても車椅子の座位保持ができなかったり、よく眠れなかったり、リハビリにも支障をきたしていました。2011年からバクロフェン持続随注療法を開始し、全てにおいて改善しました。さらに関節の拘縮予防や呼吸も比較的に楽になり肺活量も少し増加しました。

 

ITB療法の詳しい情報はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です