Be Happy! 障がい者のQOLアップを目指して

Miyuの熊本市電(路面電車)体験レポート♪


20170323_170323_0006

今回は熊本市内を走っている熊本市電である路面電車(以下市電)のバリアフリー調査をしてきました☆

まずは電停へ!

20170323_170323_0005

乗るときは電停で車両がくるのを待ちます。通常車両が約15分おき、低床車両は1時間に2本ほどです。電停はしっかりスロープ状になっているので車いすでもスムーズ入れます。

20170323_170323_0004

曜日や時間によって低床車両の本数が変わるため、電話で直接時間を聞いたほうが確実かもしれません。ちなみに車いす用のスペースは先頭車両ですよ♪

さぁ!市電に乗ってみよう!

20170323_170323_0007

段差はほとんどありませんが、場所によっては電停の方が低いため段差が大きくなることもあるのでご注意を。そんなときは車両の一部分が昇降機になっているので運転手さんが操作して同じくらいの高さに合わせてくれるので、焦る心配はありません☆

20170323_170323_0003

乗り込むと椅子を畳んで車いすスペースを作ってもらえます。

目的地へGO!

20170323_170323_0001

あとは行き先を告げればOK。一律で大人180円・小児80円で乗れちゃいます。

障害者手帳提示での割引有。

IC乗車券も使用可能。

ICの場合は乗るときと降りるときとタッチする場所が違うので最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえばかなり便利☆

小銭の出し入れが難しいので助かってます(^^♪

まとめ

20170323_170323_0002

とても便利な市電ですが、残念ながらすべての電停で乗り降りができるわけではありません。

35ヶ所ある電停のうち車いすでも大丈夫な駅は19ヶ所。

これはホームページで確認することができます。ホームページはコチラをクリック!!

また、ホームページで車いすマークがついていても実際は自走の車いすでギリギリかなと思うほど狭いところもありました。

私の車いすでもギリギリ感。けっこうコワイです(笑)

そうはいっても熊本駅からも乗ることができるので観光の方も多く見かけました。

車両もクラシカルなものから新しいものまで走っているので、見ているだけもおもしろいかもしれません。

熊本市内へお越しの際はぜひ乗ってみてください☆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です