Be Happy! 障がい者のQOLアップを目指して

京都にでかけるならアートを堪能!!共生の芸術祭レポ!


すっかり年末ですね。
Be Happy!ライター城岸美稀です。
京都の新しい障がい者アートギャラリーのart space co-jin(アートスペースコージン)が様々な活動を進めています。
今回、art space co-jinのボランティアスタッフとして活動の一部をレポートしました。

共生の芸術祭「ストップウォッチ」

_20161220_171819
12月に開催された共生の芸術祭「ストップ・ウォッチ」へ潜入してきました。
会場は歴史ある京都文化博物館です。
「時間軸」がテーマの障がいをもった方のみの展覧会です。

何といってもバリアフリー

c360_2016-12-16-12-16-07-902
ほとんどの作品が触れられて、また写真も撮れて音で聴いたりと
どんな障がいの方でも楽しめます。
入場無料で楽しむことができて会場は広くバリアフリーです。

精神障がいや当事者家族にみてほしい

c360_2016-12-16-12-15-07-838
妄想や幻聴がテーマのカルタが面白いです。
精神障がいのあるあるがカルタにされていて共感の声が多かったですよ!
音声でもカルタを聴けます。
はっきりとした口調の幻聴や耳鳴りのような幻聴も書かれています。
精神障がいを少しでも知るきっかけになります。

絵画好きにみてほしい

c360_2016-12-16-12-15-58-899
絵画は個性に合わせて指導する日下部美術教室の展示は「時間軸」がテーマなだけに
生徒の過去作品と現在の作品が同時に見れます。
個性を伸ばすとどう絵が変わるかみていただきたいです。

福祉関係者者にみてほしい

共生の技術祭ではリアルな介護の現場の動画も流れています。
介護と人との繋がりは仕事か友達か、どういう関係性なのか考える機会になります。

撮影禁止なのでぜひ、見に来てください。

こんな作品も展示

c360_2016-12-16-12-15-53-251
トゲトゲした立体作品を作るアーティストや
衣装から音楽までアニメを制作するアーティストもいます。

芸術祭のオススメ日

co-jinスタッフによるギャラリーツアーです。
城岸はギャラリーツアーの時間帯におりましたが
聞かないとわからないことが多かったです。

ストップ・ウォッチ巡回展

もう、終わってるやん!!
という方に巡回展があります。
〇けいはんなプラザイベントホール1
京都府相楽郡精華町光台1-7
2017年2月9日(木)~2月16日(木)
10時~17時
※入場は終了の30分前まで
〇市民交流プラザふくちやま3階市民交流スペース
都府福知山市駅前町400番地
2017年3月8日(水)~3月12日(日)
10時~18時
※入場は終了の30分前まで
各会場入場無料

最後に

最新情報はart space co-jinのHPとFBとTwitterは下記のリンクをクリック!
京都に来る際はぜひ、障がい者アートを堪能してみてはいかがでしょうか。
art space co-jin
・ウェブサイトはコチラをクリック!!
・Facebookはコチラをクリック!!
・Twitterはコチラをクリック!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です