Be Happy! 障がい者のQOLアップを目指して

車いすユーザーが電車に乗るには!?


車いすで外出する際、私は移動手段として身近で手軽な電車を利用することが多いです。

これまでに大阪市営地下鉄のホーム柵や常設スロープの記事や新幹線の多目的室の記事などご紹介してきましたが、今回は車いすの方が電車に乗るための方法(手順)をご紹介します。

・車いすでも簡単に乗り降り♫〜大阪市営地下鉄〜の記事はコチラ

・「新幹線でプライベート空間を実現!魅力的な多目的室」の記事はコチラ

障害の程度

身体障害者手帳1

身体障害者1級 1種

私は頸髄損傷(C5)で手足の麻痺(四肢麻痺)で自走車いす(OX社 SX)を使用しており、主に一人で行動しています。

切符の購入

09c3170a13bf13672997a9f92fb5113c_m

私の場合、自動券売機で切符を一人で購入できないので直接「駅長室」で駅員に切符の購入を頼みます。駅長室の場所がわからない場合、自動券売機の「呼び出しボタン」を押して頼むこともあります。最近では、ICカード(PiTaPaやPASMOなど)があり、切符をわざわざ購入しなくてもいいので、非常に便利です。

改札口

%e9%9b%bb%e8%bb%8a_1394_0

車いすが通れる幅の広い改札口は、主に端の方に設置されていることが多いようです。改札口の近くで滞在している駅員に行きたい駅を伝えると、電車に乗る駅、降りる駅でスロープを用意してくれます。

乗り換えがある場合でも、最終的に行きたい駅を伝えれば、乗り換えする駅にも連絡をしてくれます。

乗車時

%e9%9b%bb%e8%bb%8a_7033_0

降りる駅に連絡できると、駅員がスロープを持ってきて指定の車両に案内をされます。そしてスロープを車両にかけてもらい乗車します。

乗車の際、降りる駅に連絡ができるまで、何本も電車を見送ることがあります。他にも乗りたい車両の位置をこちらで決めると、降りる駅への連絡が後手になり、タイミング によっては 電車を見送らなければなりません。

降車時

%e9%9b%bb%e8%bb%8a_4220_0

降りる際は、あらかじめ連絡を受けた駅員がホームで待機しているので、スロープをかけてもらい降車します。

まとめ

車いすユーザーが電車に乗るにはスロープの用意が必要なので、手間がかかります。さらに、連絡ミス等で降りたい駅に駅員がいない事があります。私もそのような経験をしたことがあり、同じ車両に乗っている人に声をかけ、降りるのを手伝ってもらったことがあります。私は自走式車いすなので、介助があればスロープなしでも降りる事ができましたが、大型電動車いすはそういうわけにはいかないので、電車から降りれず、非常に困ることになります。

常設のスロープが設置されれば、好きな時間、好きな場所で電車に乗り、降りる時のハプニングの不安もなくなります。さらに、周囲の方々が車いすの介助方法を分かっていれば、(一部の車いすは除きますが…)スロープがなくても電車の乗り降りができます。

そのようなユニバーサルな社会になって欲しいと願います。


Comments
  1. 4か月 ago
    • 横山 和也4か月 ago
  2. 4か月 ago
    • 横山 和也4か月 ago

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です