Be Happy! 障がい者のQOLアップを目指して

車いすユーザー×暑さ対策


今回は車いすユーザーの様々な暑さ対策についてご紹介していきたいと思います!

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_m

そもそも、なぜ暑さ対策が必要なのか…?

それはズバリ!汗をかけない、もしくは汗を体の一部分にしかかけないからです。

私たち人間の体は、体温が上がると『自律神経(交感神経、副交感神経)』と呼ばれる場所を介して、皮膚から水分を出します。これが「汗」とよばれ、汗が蒸発する際に、体の温度を下げる手伝いをしてくれる仕組みになっています。

しかし!

何らかの理由で脊髄を損傷したり、病気などいろいろな理由で、『自律神経』を痛めてしまったり、機能が低下すると、いろんな障害が出てきてしまいます。その中の 1 つに体温調節障害があります。人によって様々ですが、顔の半分しか汗をかけなかったり、上半身のみ、全身にかける、まったく発汗がない方もいます。

私の場合は…

私は、お腹(お臍から上)・背中・脇下・首 にはうっすらと汗をかけます。それ以外のところは年中サラサラ、顔にも汗をかかないのでお化粧が崩れる心配もありません☆笑

ですが、体温調整はうまくできないので、夏場は高体温になったり、体に力が入りにくくなってしまうため、なかなか厄介です。

本題の暑さ対策!

何人かの車いすユーザーさんにお聞きしてみました☆

・霧吹き

汗の代りに霧吹きで水を吹きかける方法 夏の BBQ も海もこれがあれば楽しめちゃうそうです

・冷却スプレー

洋服や車いすの背もたれにシュッと一吹き!

・保冷材

持ち歩いている方もいるそうです。私もこれで夏のお風呂を乗り切っています。

・コンビニ退避

外出時、どうしてもの時の緊急対応に!笑 夏のコンビニって寒いくらいに冷えてるからいざという時はよさそうですね!

・アイスで中から

私の暑さ対策です☆

夏場どうしても食事をとれなくなってきた時はカロリー補給にもなるのでよく食べています。栄養は取れないのでしっかり食事はとった方がいいと思います☆笑

・家から出ない

暑さ対策とは言えませんが…笑 クーラーの効いた部屋から出ないという究極の方法みたいです☆笑

・長袖必須!

これも暑さ対策とは少し違いますが、冷房に弱い、ニガテそんな声もありました。外は暑くて建物の中は冷え冷えで…。体温調節が苦手な私も夏場の服装には困ります。

最後に

3f1b2d6365f3a4dc2ce47c981be0f33a_s

いろんな暑さ対策があるみたいですね皆さんはどんな暑さ対策されていますか? ^^

お祭りや、花火大会、海に川に BBQ に…楽しいイベント盛りだくさんの夏!

少しでも快適に楽しく過ごせるといいですねー♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です