Be Happy! 障がい者のQOLアップを目指して

BE Happy!ライター 松田千恵子


Be Happy!をご覧の皆様

はじめまして。ライターとして携わる事になりました松田千恵子と申します。

海外在住生活の情報や実業家として起業して働く秘訣、グルメ情報などを発信していきたいと思います。

皆様、どうぞ宜しくお願いします。

プロフィール

image

松田千恵子/1979年生まれ/先天性二分脊椎症

趣味/ 旅行・食べ歩き・お料理・空想

在住地/東京・バリ島・ジャカルタ・カナダ・ドイツ・愛知

渡航歴16ヶ国/インドネシア(バリ島・ジャカルタ・スラバヤ・スマラン)・シンガポール・マレーシア・オーストリア(ハミルトン島・ヘイマン島・シドニー・メルボルン)・ドバイ・アブダビ・モルディブ・ウィーン・チェコ・フランス(パリ・ローマ)・イタリア(ミラノ・ヴェネツィア)・香港・マカオ・韓国・上海・カナダ

 

補装具と車椅子を併用して生活をしています。海外旅行や海外在住時は、車椅子生活がメインでした。

障害があるから、出来ることがある

小学校時代は、おとなしく地味で、イジメの対象になっていました。「自分自身を変えたい!環境を変えたい!」との想いから、中学受験にチャレンジ。

中学・高校は、東京の女子校で過ごし、環境が変わり、イジメも無くなり私自身も明るい性格に変われました。

 

その後、医療系に進みたいと、メディカルクラークを目指しましたが、資格を取得したものの、褥瘡になり病院実習が出来ず、病院への就職に失敗

 

気持ちを切り替え、一般企業への就活をし、内定を頂きましたNTTドコモ本社に入社。

法人営業部に所属し、イベント企画やドコモショップ様のサポート管理業務に従事していました。

 

しかし……せっかく大手企業に入社しましたが、6年目頃から体力的に通勤が難しくなり、この先どうなるんだろう……不安でいっぱいでした。

 

そして、残りの人生をずっとやりたかった当事者支援をしようと思い、26歳の時に、NGOを設立しました。

 

いよいよ、会社勤めに限界を感じた7年目の4月、退社する事にしました。

 

社会起業家として

image

2006年6月 Full-life-Support 設立

全国初、Mixiによる障がい当事者が設立した国際NGOとして、QOL向上を目指し、日本の当事者とバリ島の当事者の就労支援・ピアカウンセリング・チャリティーパーティーを開催

 

退社した私は、自分自身の生活を維持する必要もあるので、事業を立ち上げる必要がありました。

そこで、選んだ事業はIT。

私自身は、プログラマーでは無いので、開発は出来ません。私が営業して仕事を貰い、プログラマーに依頼しよう。そんな形で事業を展開。

営業もネットを使って行っていたので、体力的にも負担がかからない形で行いました。

 

最初は、仕事がなかなか貰えず、1人暮らしの私は、電気・ガスが止まり、水道も止まりました。水道は、最後のライフラインなんで、チョロチョロと少し水が出ます。なんて、事も経験したり。

思考錯誤をしながら、だんだん仕事が取れて、半年後にはTBSのご近所にあるタワーマンションに住み、経済界の方や芸能人とも一緒に食事する関係に

 

稼いだお金で、NGO活動をすると共に、NGOも、チャリティー事業を行い、寄付や助成金に頼らないNGOが作れました。

 

海外へ移住

image

会社や国際NGOも安定し、昔からの夢であった海外在住をスタートしたのは、2011年の12月。

石の上にも3年と言いますが、起業は5年目で自分の求める形になりました。

 

バリ島・ジャカルタで、現地NGOと連携しながら、プロジェクト生成をしていました。南国は、暖かく体調も常に良く過ごしやすいので、オススメです。

現地では、補装具提供100人プロジェクト・ナチュラルソープ作りで就労支援・アクセサリー作りで就労支援

就労支援と移動支援を主に行いました。

活動を通じて、現地の富裕層との人脈が出来き、噂が広がり、日本政府の機関であるJETROから、現地コーディネーターの任命を受け、日本からインドネシアに進出する企業100社近くのコンサルティングを行いました。

その後、ドイツ・カナダにも一時在住し、2014年夏 婚約者と共に日本へ帰国しました。

 

日本の地方の問題を私達が解決

image

婚約者の地元は、愛知県の知多半島というエリアでした。次は、ドバイかカナダでプロジェクト生成をしようと話していると……

 

何と、田舎では福祉難民が多数いました。もちろん差別も、まだまだあります。2人で、愕然としました……

そして、高齢化や人口減、シャッター街など、沢山の課題を抱えていました。

 

新興国と言われ、支援を必要とする地域よりも、支援が必要な地域が日本にはまだある。

 

地方創生を社会的弱者と言われていた私達が解決し、地域還元をする事で差別=誤解を解消しよう。

そんな想いで新たな事業は、愛知県の知多半島から発信する事にしました。

 

知多半島発の大人のギフテッド向け就労支援A型事業所を設立し、全国の地方に拡大

 

①業務内容は、地方創生、ライティングやシステム開発、ネットショップ運営、デザイン、海外コンサルティング、ホワイトニングサロン経営

②ランチは、ミシュランレストランとのコラボメニュー

③お給料は、一般企業と同水準+歩合

④看護師や理学療法士によるサポートやリハビリタイムあり

⑤在宅勤務制度を導入

福祉支援の機能を持ちながら、責任ある仕事を任せられ、仕事に見合う給料体制にする。

 

これから求められるのは、この形だと思います。

 

2015年3月に開設したMaison de GIFTは、2016年9月開設予定 熊本と着々と拡がって行きます。

 

最後になりましたが、私の座右の銘

「障害があるから出来ないのではなく

障害があるから出来ることがある

仲間に社会に伝えていこう」

 

Be Happy!を通じて、伝えていけたらと思います。

長い自己紹介になってしまいましたが、お付き合い頂きありがとうございます。

 

 

 


Comments
  1. 3か月 ago
  2. 2週間 ago

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です