Be Happy! 障がい者のQOLアップを目指して

障害者の福祉手当「特別障害給付金」


9d463ff31eaf7c31fa846d32bd1c0729_m

かなり限定的ですが、国民年金に任意加入していなかったことにより障害基礎年金等を受給していない障害者の方への福祉措置である「特別障害給付金」についてご紹介します。

特別障害給付金とは

平成17年4月1日から施行されており、学生被用者年金加入者の配偶者であったため、国民年金に任意加入していなかったことにより、障害年金等を受給できない障害者の方で、要件に該当する方に対して支給される制度です。

対象者

国民年金の任意加入対象期間中に、病気やケガなどの障害の原因となる傷病について初診日があり、現在、障害基礎年金1級、2級相当の障害に該当する方。(65歳に達する日の前日までに障害の状態に該当する方)

1.昭和61年3月以前に国民年金任意加入対象であった被用者(厚生年金保険、共済組合等の加入者)の配偶者
2.平成3年3月以前に国民年金任意加入対象であった学生
※障害基礎年金、障害厚生年金、障害共済年金などを受給することができる方は対象とならない。

支給額(平成27年度)

1級 月額:51,050円
2級    月額:40,840円

・申請のあった月の翌月分から支給。
・受給者本人の所得によっては、支給が全額又は半額、制限される場合がある。
・老齢年金等、他の年金を受給されている場合は、支給の制限がある。

必要書類

1.特別障害給付金請求書
2.年金手帳または基礎年金番号通知書
3.障害の原因となった傷病にかかる診断書
4.病歴等申立書
5.受診状況等証明書
6.特別障害給付金所得状況届
7.生年月日についての市区町村長の証明書または戸籍の抄本
8.在学(籍)証明書
9.在学内容の確認にかかる委任状
10.戸籍の謄本又は抄本
11.その他、初診日において配偶者の公的年金等の加入・受給の状況を明らかにすることができる書類

問い合わせ

請求の窓口は住所地の市区役所・町村役場
特別障害給付金の審査・認定・支給にかかる事務は事務センター(日本年金機構)

まとめ

現在、国民年金は強制加入ですが、昭和61年3月31日以前の夫が厚生年金か共済年金に加入していた専業主婦、平成3年3月以前の学生は国民年金の任意加入でした。特別障害給付金は任意加入時代の福祉措置です。必要書類の項目数からわかるように、特に初診日の確認など条件がかなり厳しい制度です。名称や制度の観点から特別障害者手当障害基礎年金と混同しやすいのでご注意を。

特別障害者手当はコチラ

障害基礎年金はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です