Be Happy! 障がい者のQOLアップを目指して

災害用伝言ダイヤル(171)〜録音編〜


d426c6cbe13fe25a5d55c867054d3fd9_m

災害用伝言ダイヤルについて

災害用伝言ダイヤル(171)〜基礎編〜はコチラ

災害用伝言ダイヤル(171)〜再生編〜はコチラ

災害用伝言ダイヤルの録音方法についてご紹介します。

1.「171」をダイヤル

携帯電話(090、080)やPHS(070)、IP電話(050)から「171」にダイヤルする事は可能ですが、登録番号として利用できないのでご注意下さい。

2.録音方法を選ぶ

【ガイダンス】
「こちらは災害用伝言ダイヤルセンターです。」
「録音される方は1、再生される方は2、暗証番号を利用する録音は3、暗証番号を利用する再生は4をダイヤルして下さい。」

暗証番号なし→「1」

暗証番号あり→「3」

【暗証番号ありの場合のガイダンス】
「4桁の暗証番号を入力して下さい。」

3.被災地の方の電話番号を入力

【ガイダンス】
「被災地の方はご自宅の電話番号、または連絡を取りたい被災地の方の電話番号を、市外局番からダイヤルして下さい。」
「被災地以外の方は連絡を取りたい被災地の方の電話番号を、市外局番からダイヤルして下さい。」

4.メッセージの録音

【ガイダンス】
「電話番号0XX-XXX-XXXXの伝言を録音します。プッシュ式の電話機をご利用の方は数字の1のあと#を押して下さい。」
「ダイヤル式の方はそのままお待ち下さい。なお、電話番号が誤りの場合、もう一度おかけ直し下さい。」

回転ダイヤル式の場合

【ガイダンス】
「伝言をお預かりします。ピッという音のあとに30秒以内でお話下さい。」
「お話が終わりましたら電話をお切り下さい。」

録音開始

【ガイダンス】
「伝言をお預かりしました。」

プッシュ式電話の場合

【ガイダンス】
「伝言をお預かりします。ピッという音のあとに30秒以内でお話下さい。」
「お話が終わりましたら数字の9のあと#を押して下さい。」
「伝言登録数が限度を超えた場合や追加登録規制中の場合には「新しい伝言を受け付けられない」旨のガイダンスが流れます。」

録音開始

【ガイダンス】
「伝言を繰り返します。訂正されるときは、数字の8のあと#を押して下さい。」

8#を押さない場合

【ガイダンス】
「伝言をお預かりしました。」

5.終了

自動で終話します。

最後に

災害用伝言ダイヤルの事を知っていても、使いこなせなければ意味がありません。災害時以外にも、災害用伝言ダイヤル(171)を体験できるように「体験利用日」を設定されています。ぜひ、家族・親戚・友人間で体験して平時から備えておきましょう。

【体験利用日】

・毎月1日及び15日 00:00~24:00
・正月三が日(1月1日00:00~1月3日24:00)
・防災週間(8月30日9:00~9月5日17:00)
・防災とボランティア週間(1月15日9:00~1月21日17:00)

【提供条件】

・伝言録音時間 :30秒

・伝言保存期間 :6時間

・伝言蓄積数 :10伝言

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です