Be Happy! 障がい者のQOLアップを目指して

災害用伝言ダイヤル(171)〜基礎編〜


7b34b82589222358d6954e816ff03eb4_m

大晦日から元旦にかけて電話やメールがつながりにくくなった事ありませんか?

それと同じで、地震など大災害発生時は安否確認、見舞、問合せなどの電話が急激に増加し、電話がつながり難い状況(電話ふくそう)が発災当日~数日間続きます。この様な状況の緩和を図るための災害時に限定して利用可能な「災害用伝言ダイヤル(171)」についてご紹介します。

災害用伝言ダイヤルとは

被災地内の電話番号をキーとして、安否等の情報を音声情報として蓄積し、録音・再生できるボイスメールです。

災害伝言ダイヤルの詳しいしくみはコチラ

登録できる電話

加入電話、ISDN、公衆電話、ひかり電話(電話サービス)および災害時にNTT東日本およびNTT西日本が避難所などに設置する特設公衆電話から利用できます。

*提供の開始、登録できる電話番号など運用方法・提供条件については、状況に応じてNTT東日本およびNTT西日本が設定し、テレビ・ラジオ・NTTの公式ホームページ等を通じてお知らせされます。

携帯電話やPHS、他通信事業者の電話場合はコチラ(近日公開)

利用開始

地震等の災害発生時に、被災地へ向かう安否確認のための通話等が増加し、被災地へ向けての通話がつながりにくい状況(ふくそう)になった場合

*主に震度6弱以上の地震など大規模な災害が発生した場合

伝言録音時間・伝言保存期間・伝言蓄積数

伝言録音時間: 1伝言あたり30秒以内

伝言保存期間: 録音してから48時間(体験利用時は6時間)

伝言蓄積数: 電話番号あたり1~10伝言(提供時にお知らせ)

伝言蓄積数や保存期間等は災害の状況により異なります。

利用料金

伝言の録音・再生時には、発信する人から伝言の録音または再生する電話番号までの通話料(通常、電話をかける場合と同様の料金)が必要です。

*伝言蓄積等のセンター利用料は無料です。

最後に

災害用伝言ダイヤルは事前の申し込みは必要はなく、「171」をダイヤルする事で利用が可能です。携帯電話(090、080)やPHS(070)、IP電話(050)の電話番号は登録番号として利用できないのでご注意を。

災害用伝言ダイヤル(171)〜録音編〜はコチラ

災害用伝言ダイヤル(171)〜再生編〜はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です