Be Happy! 障がい者のQOLアップを目指して

飛行機で旅行しよう!〜車椅子ユーザー編〜


f043cfa0a6c0bf9f60a7c0b450aff56d_m

先日、福岡へ行く機会があり、大阪から福岡まで飛行機に乗って行ってきました。車椅子ユーザーが飛行機にどのように乗降するのかを体験談を交えてご紹介します。

当日までの流れ

・飛行機の搭乗券を予約し購入

今回は航空会社へ電話で予約し、障害者手帳を所持している事を伝えて、障害者割引で搭乗券を購入しました。

・「ANAおからだの不自由な方の相談デスク」に電話

まず、車椅子ユーザーである事を伝えます。そして、搭乗ギリギリまで自分の車椅子に乗っていたかったのでその希望も伝えました。他には自走式か電動か、折りたためるのか、車椅子のサイズを聞かれました。飛行機の大きさによって積み込める車椅子の大きさに制限があるようです。当日は出発の1時間前に受付する必要があります。

当日

・出発の1時間前までに受付

90fd57cd40c9332a8546f7b21e4330c0_s

受付で飛行機までバスで移動し、リフトで機内への入り口に上がり搭乗するという飛行機に乗り込むまでの流れの説明を受けます。

・バスから飛行機へ

IMG_0740 (1)
飛行機まではノンステップバス(よく街中を走ってるバス)で、その飛行機の搭乗者の中で一番最初に飛行機の所まで送迎してもらったのでバスは貸切です。

・飛行機から搭乗席へ

IMG_0747
バスから降りると、飛行機内専用の車椅子に移乗です。車椅子の幅が非常に狭く姿勢の保持が大変でした。

IMG_0754

IMG_0755

IMG_0757

リフターで上まで上がり、手動で飛行機の入口まで移動して機内に入ります。

IMG_0759

座席は一番前の席で基本的に移乗は2人介助でスタッフが手伝ってくれました。

・飛行機からターミナルへ

IMG_0766

機内から降りる時は、一番最後となり再度、機内専用の小さな車椅子に乗り、リフトで下まで降りて、そこで自分の車椅子とご対面です。ターミナルまでは、先ほどのようなバスではなく福祉車両での移動でした。

まとめ

受付時に航空会社の配慮で一番前の席を用意して頂き(必ずしも一番前の席を用意できわけではありません)、褥瘡予防のために車椅子に敷いてあるクッションを座席に持ち込むのもOKでした。

1時間程の空の旅は快適でしたが、着陸態勢に入ると機体は前方に傾き振動も増えるので、お尻が前方にずれやすく座席から落ちてしまうんじゃないかとヒヤヒヤしました!深く座り過ぎると姿勢の保持が難しくなるので兼ね合いが難しいと感じました。

今回は全日本空輸(ANA)で行きました。航空会社によって多少対応は変わるかと思いますが、ぜひぜひ参考にしてくださいね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です