Be Happy! 障がい者のQOLアップを目指して

外出の手助けに「駐車禁止除外指定車標章」


6c06bc979db56cc86c70bf9643706e5b_s

障害により「歩行が困難なことにより社会生活が制限される人」を対象に、車を駐車禁止規制から除外してくれる標章というものがあります。

つまり、車を路上に駐車するに駐禁を取られないということになりますが、利用に関しては手続きや様々な条件があります。

今回は「駐車禁止除外指定車標章」に関する概要を見ていきましょう。

対象となる人

・肢体不自由
・平衡機能障害
・視覚障害
・聴覚障害
・特定の内臓機能障害
・知的障害
・精神障害

などの人が対象になりますが、等級の条件等もあります。詳しくは各都道府県の交付基準をご確認ください。

詳しい交付条件はコチラ(東京都)

詳しい交付条件はコチラ(大阪府)

交付手続き

駐車禁止除外指定車の交付申請先は各都道府県の警察署になります。

必要なもの

・交付申請書
(申請書は各都道府県警察署のホームページにあると思います)
・障害者手帳
・印鑑
・歩行困難者と申請者が異なる場合は続柄を確認できる書面
・住民票

これも条件や都道府県により必要だったりいらなかったりするものもありますので注意しましょう。
受付期間は平日の朝〜夕方までというところが多いです。
なお、申請から交付までには数日かかります。

標章の使い方

IMG_1543

標章をダッシュボードの外からよく見えるところに置いておくだけでOKです。
ただし使用の条件として

・本人が現に使用中の車両であること
つまり歩行困難者本人が車両を運転している、もしくは乗車しているという条件に限ります。いくら普段は本人が乗っていたとしても、その時に乗っていない場合は認められません。逆に言うと、車両が指定されているわけではないため、本人さえ乗っていれば家族や友人の車でも駐車禁止除外を受けることができます。

・有効期限内であること
標章には有効期限があります。更新には警察署での手続きが必要になります。

・ここが大事!!
そして最大に重要かつ複雑なのが、標章を出していても「駐車違反となる場所や停め方がある」ということです。

分かりやすいところで言えば「駐停車禁止標識」のある場所や「交差点やその前後5メートル以内」などですが、細かいところで言うと「路側帯のある場所では左側を0.75m開けなければならない」というのがあったり、なおかつ「道路の右側余地が3.5m以上」とかもあるので、色んなことを把握しておく必要があります。

どれか一つでも規則に反すると駐禁切符を取られます。事前にしっかりと確認して利用するようにしましょう。

その他

2231eab0747d6d3d5e74ec79a7da272d_s

標章は基本的には外出先、異なる都道府県でも使用することはできますが、細かな部分で除外条件に違いはあります。究極的に言うと取り締まる人の裁量によっても変わります(笑)
標章は無敵ではないので、ルールを守って、常識の範囲内で利用しましょう。長時間、連日の駐車もNGなので気をつけましょう。


Comments
  1. 5か月 ago
    • 天田大樹5か月 ago
  2. 5か月 ago
    • 天田大樹5か月 ago
  3. 5か月 ago
    • 天田大樹4か月 ago

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です