Be Happy! 障がい者のQOLアップを目指して

初ドライブでのハプニング


いつも元気におはようございます!こんにちは!こんばんは!

ブラジルの皆さん聞こえていますか!?

毎日の生活が話のネタになる。東京ライター長谷川です。

ここで朗報です!

なんと!日本の裏側ブラジルから長谷川の記事にファンがついたようです!

(※私のファンは日系3世のブラジル人で日本語、ポルトガル語、英語ができるトライリンガルで同じ江東区在住です)

彼自身すごいアクティブなので一時帰国でブラジルに帰る時様々な国によっていますので、ぜひ、時間を作って彼にその外国のバリアフリー事情について今度、インタビューしてみたいと思います。

編集長!副編集長!これはとんでもない事態だ!ここはGlobalに英語、ポルトガル語、スペイン語、中国語で発信しないといけないのでは!?

と編集長と副編集長に無茶振りをしておいて本題に戻ります(笑)

今回は障害者の運転免許取得の道の末にあった次回予告の話です。

まずは通院から

免許を取得後車が納車され、人生初ドライブは両親の見守りのつきの通院でした。

通院もそれまで介護タクシーを利用していたのですが…

予約が面倒、車いすに座って乗っていても介護タクシーの天井に頭が常にあたる。(私は身長175cm以上あります。)

などの理由で通院してみようと思いました。

最初は車幅がわからずこすりそうになったり、トランス(移乗)が怪しいので車から落下しそうになったりといろいろありましたが

両親に見守ってもらっている間は何事もなく通えたので両親の見守りは卒業。

参考までに私の乗っているTOYOTA86の車いすと車のシートの高さ関係の写真がこちらになります。

※写真はシートの高さから撮影

DSC_0566

とにかくシート位置が低い!

でもこのおかげで床からトランスができるようになったと筆者は思います。

最初は車いすを積み込む際の時間は30分以上かかりましたが、今は動きが最適化され最短3分でできるようになりました。

車いすの読者の方は車を買う際、実用性、乗り込みやすさ車いすの積み込みやすさを第一に考えましょう!

師匠とドライブ

前置きが長くなりましたが、まずは下の写真を見てください。

DSC_0065_convert_20151022162821

わかりにくいかと思いますが、タイヤのサイドウォール(タイヤの側面で応急修理不可部分)のパンクです。

その日の流れを簡単に時系列順で列挙していきます。

・師匠(JW:J-Workoutの私のメイン担当トレーナーで素敵な女性)を迎えに行った際、おそらくその時にパンク

・神奈川県川崎市のスターバックスへ向かって走る

・ゲートブリッジの写真撮影(障害者の運転免許への道)

・日常的な会話をしつつひたすら走る

・道中歩道のおじさんからパンクを指摘される

・目的地まで1キロ未満だったのでとにかく目的地へ

・とりあえず駐車場に停車。(←今ココ)

初心者マークもまだついたまま初の師匠とのドライブで変な緊張したんでしょうね…

隣に美人な師匠を乗せてスポーツカーでかっこつけてたんでしょうね…

歩道のおじさんから指摘されたとき頭が真っ白になりました。

でも、師匠が笑いながら言いました。

「大丈夫!失敗すれば次失敗しないでしょ?」

「大丈夫!大丈夫!」

本当にあの時はその言葉に救われました。

大失敗を笑ってくれる人が隣にいて本当によかったです。

とりあえずスターバックスに入って、お茶(抹茶ラテの様な物を飲んだ筈ですが、味は思い出せません)を飲みつつ落ち着いてから

JAFさんにレスキューの電話。

DSC_0064_convert_20151022163804

JAFさんもしばらくして到着。

でも私の車もともとの車高が低く、パンクしてさらに低くなっていて牽引ができません。

また、ブレーキを大きく変更(純正ではなくオプションの良いブレーキに変更)したためスペアタイヤが嵌りません。

しかもJAFさんのレッカー車に乗り移りできません(シートがすごい高い位置にありました)

なので、もう一台応援で駆けつけていただきパンクしたタイヤとお金と私をおんぶで応援で来た車に積み込み、その最寄のオートバックスへ。

タイヤを購入一本3万円とても良い勉強代です。

幸いホイールは鋳造ではなく鍛造で丈夫なので走行はできる。ただしなるべく早く交換すること。

とのことなのでオートバックスでホイールにタイヤを装着。(後日ホイール×2とタイヤ1本購入。計20万円以上さようなら~)

その後、また私とタイヤを積み込み、師匠と最初に来てくれたJAFの方と左前方タイヤがないマイカーが待つスタバの駐車場へ。

JAFさんに購入してきたタイヤをてテキパキと取り付けていただき、帰路へつくことにしました。

最後に

syuuseisumi

いかがでしたでしょうか?師匠と初ドライブで初心者ドライバーが初パンク!

なかなか貴重な経験ではなかろうか。

※今度また近いうちに師匠と一緒に同じドライブスルースターバックスにリベンジしてきます。

もしも高速道路など危険が伴うところで故障してしまった場合の為に、今回のキーマンJAFさんには加入しておきましょう。

さらにスペアタイヤの意味を成すスペアタイヤを常に積みましょう。(今の私の車のトランクはしっかりスペアタイヤを常備しています)

プチ情報

最後に道交法の改正で三角の停止表示板の代わりにもなるが、あまり認知されていない紫のパトライトの紹介。

私の一連の騒動後のスペアタイヤと紫パトライトの写真がこちら

DSC_0571

パトライトとは!?

警察車両の赤色や高速道路の保守点検業務を行っているNEXCOの黄色、あと見かけるのは街中をパトロールを青色、

これらがおそらく皆様の身近にはあるのではないでしょうか?

これらは許可や法的なものがあるため、原則一般は使用禁止ですが、紫のパトライトは、「ここに車が事故等などで車が停車しています」をあらわしています。

健常、障害者関係なく使えますので周知活動にご協力ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です